すーさんブログ

健康をテーマにしたブログ。東洋医学・鍼灸・漢方・その他なんでも

防災の日に防災について考える

9月1日は防災の日。1923年9月1日の関東大震災の起こった日に由来しているそうです。
防災の日には地域で多くの防災訓練が行われていました。
ニュース番組では百貨店で地震による停電を想定した避難誘導訓練の様子を伝えていました。

近年、地震・大雨による水害・台風が立て続けに起こって1年の内に何度もニュースで伝えられます。尊い犠牲を教訓として護岸工事や堤防の補強などをしているのですが、自然災害はなくなりません。

今年から注意報や警報に加えて「警戒レベル」という指標が設けられています。レベルは災害の心構えをする「1」から命を守るための最善の行動の「5」の5段階です。
警戒レベル「4」の全員避難が出た時、どういう行動を取るのが良いか正直わかりませんでした。避難の対象は「全員」なのか?という疑問がありました。テレビやインターネットでは警戒レベル4と騒ぎ立てるが、地域の非常放送が流れるわけではないのです。氾濫の危険がある川沿いに住んでいる人や崖の上または下に住んでいる人に対して避難指示を出さないと、危険性のない場所に住んでいる人に避難を指示するのは、避難中の事故の危険性を考えるとかえって危険なことになってしまいます。
テレビのニュースを見ていて、キャスターは台本にある通りに「全員避難」を繰り返しているように見えました。これまで避難の判断を個人に任せた結果犠牲になる人が多くいたのかもしれないが、避難の呼びかけの仕方は今後考えていく必要があると思います。