すーさんブログ

健康をテーマにしたブログ。東洋医学・鍼灸・漢方・その他なんでも

効果的な使い捨てカイロの使い方ランキング

冬の寒さが厳しいとき、使い捨てカイロを使う人は多いでしょう。

ドラッグストアに行くと、いろんなタイプのカイロが売っていますね。

最近では、靴下用や肩まわり用、腰まわり用など、バリエーションが豊富です。

 

貼らないタイプであれば、ポケットに入れておいて冷たくなった手を温めたり、首に当てたりしますね。

貼らないタイプのメリットは、冷たい箇所のどこにでも当てて温めることができることです。デメリットは、ポケットの中に入れたまま忘れて、気づいた時にはカチカチになってしまいますね。

朝起きたらポケットの中でカチカチだよね。

そうそう

 

貼るタイプのカイロの場合、貼った箇所がずっと温かいメリットがあります。

でも、どこに貼るのが一番効き目があるんだろう。

そこで、東洋医学の考え方に基づいて、使い捨てカイロの貼る部位のおすすめベスト3を紹介しようと思います!

 

1位 腰

 腰に手を当てたときに親指が触れるところ。

 ここには腰痛のツボ「腎兪」「至陽」がある場所です。

 寒くなるとぎっくり腰になる人が増えます。

 腰を温めることで、腰痛の緩和やぎっくり腰の予防に効きますよ。

 また、お腹が冷える人は、腰部を温めることで、お腹まで温めることができます!

 

2位 足首の内側

 足が冷たくなる人は多いです。

 内くるぶしの上にホッカイロを貼ってください。

 靴下はくるぶしを覆うタイプをおすすめします。

 東洋医学では、足首を冷やしてはいけない。と考えます。

 冷え性のほかに、生理痛や不妊症などの女性特有の疾患に効果的と言われます。

 

3位 背中の上部

 へそを覗き込んだ時に一番出っ張る首の骨の下あたりで、ツボは大椎といいます。

 風邪のひきはじめに、首のこの部分に邪気が入るとされています。

 冷えると悪寒がして、悪化すると発熱します。

 シャワーを当てると気持ちよくて温まるところですね。

 

以上が使い捨てカイロの貼る部位おすすめランキングでした。

よかったら参考にしてみてください!

 

 

はるオンパックス 30個入 箱

はるオンパックス 30個入 箱

 
桐灰はる ミニ 30コ入函

桐灰はる ミニ 30コ入函