すーさんブログ

健康をテーマにしたブログ。東洋医学・鍼灸・漢方・その他なんでも

身体部位に基づく配穴法と、要穴を応用した配穴法

鍼灸師が治療をするに当たって、ツボ(経穴)を選ぶことを”選穴”といいます。

東洋医学は経験医学なので、過去の経験上どの病気にはどのツボが効くというものがあります。(特効穴と言って、例えば「食あたり」には”裏内庭”とか「寝違え」に”後渓”といった具合です)

 

治療するツボを組み合わせることを「配穴法」といいますが、配穴法の種類がたくさんありすぎて忘れそうなので、メモを残しておきます。

 

身体部位に基づく配穴法

 

配穴法 説明 配穴例
同経配穴 十二経脈の1つの経の中から2穴を選穴する 太淵、列欠(手太陰肺経)
表裏配穴 十二経脈の表裏関係(陰と陽)にある2穴を選穴する 太淵(手太陰肺経)、合谷(手陽明大腸経)
同名経配穴 十二経脈の手と足で同名の経脈から2穴を選穴する 手三里(手陽明大腸経)、足三里(足陽明胃経)
前後配穴 身体の前後(主に腹と背)の2穴を選穴する 天枢(腹)、大腸兪(背)
上下配穴 身体の上下(主に臍の上下)から2穴を選穴する 関門(上)、水道(下)
左右配穴 身体の左右から2穴を選穴する 左の腎兪、右の腎兪
遠近配穴 患部と患部から遠い穴の2穴を選穴する 下関(患部)、合谷(遠隔地):患部=下歯

 

要穴を応用した配穴法

 

配穴法 説明 配穴例
五行配穴 五行穴(井・栄・兪・経・合)から2穴を選穴する 足少陰腎経:太渓(兪土穴)、陰谷(合水穴)
原絡配穴 五要穴の原穴と絡穴を組み合わせた配穴法 足陽明胃経:衝陽(原穴)、豊隆(絡穴)
原兪配穴 五要穴の原穴と背部兪穴を組み合わせた配穴法 足厥陰肝経:太衝(原穴)、肝兪(背部兪穴)
原合配穴 五要穴の原穴と合穴を組み合わせた配穴法 手陽明大腸経:合谷(原穴)、曲池(合穴)
兪募配穴 五要穴の背部兪穴と募穴を組み合わせた配穴法 足陽明胃経:胃兪(背部兪穴)、中脘(募穴)
募合配穴 五要穴の募穴と下合穴を組み合わせた配穴法 足陽明胃経:中脘(募穴)、足三里(下合穴)
兪原配穴 五行穴の兪穴と五要穴の原穴を組み合わせた配穴法 足陽明胃経:陥谷(兪木穴)、衝陽(原穴)